2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11デスピナ - 2012.05.04 Fri

11デスピナ スペシャル改造

今回手を加えるのは11デスピナ3000DHG

P4221730.jpg

まずは、分解です

ニュータイプのデスピナはコアを外すのに専用工具が必要です

コアを外す止め輪に合わせて専用工具を作って分解します

P4291817.jpg

あとは旧ラリッサ・デスピナと同様、音だしシステムを組み上げ

完成させます

P4291805.jpg

ハンドルも40+40の80㍉のショートタイプで折りたたみ可能に改造

もちろん、ギアーはハイギアーのままで取付け

P4291793.jpg

このデスピナの心臓部にはステラ・テクニウムの部品を移植しています

なので回転はステラ並みに静かで超スムーズで全くブレがなく回ります

まるでプリウスみたいにスムーズで静か(笑)

この新兵器は次回の愛媛遠征で筆卸ししたいと思います。













新兵器 - 2012.04.25 Wed

 新兵器

GW前になると何処の釣具店も魔界セールの大売り出し

釣師はそのセールと言う魔術に騙されついついサイフの紐が緩んでしまう

あ。。。。。

P4221730.jpg

買っちまった

11デスピナ この11デスピナのゼロフケテンションは旧モデルよりもさらに

テンションが強めになっている

今、使っている05ラリッサ(改)や04タイプⅡ(改)の音だしテンションより

この11デスピナのゼロフケテンションのほうが強いし。。。

このテンションなら逆回転音を我慢すればダブルハンドルに変えれば十分

このままヤエンで使えます

ダイワのバトルゲーム2000LBQDよりヤエン釣りに向いているかもです

さぁ、これからこの11デスピナをどうしょうかな???





アジ用クーラー - 2012.04.12 Thu

アジ用クーラー

新しいアジ用クーラーを購入しました。

新しいアジ用クーラーはこれ

13656.jpg

シマノから4月に販売されたフリーガ ライト 260

早速、今持っているフィクセル・ライト 220 とスペックを調べてみました

フィクセル・ライト 220 外寸 幅300×長530×高332 重量3.7㎏

フリーガ ライト 260 外寸  幅306×長473×高330 重量3.3㎏

フリーガ ライト 260とフィクセル・ライト220の外寸はほぼ同じ

だが26Lのフリーガ ライトのほうが容量は多いのに重量は0.4㎏軽い 

これはと思い買いました

実際に水を入れてみてどれぐらい違うか調べてみました

フィクセル・ライト 220 は

P4081648.jpg

2Lのペットボトルが9本分で90%の水位 約18L

フリーガ ライト 260は2Lのペットボトルが同じ9本分で

P4081647.jpg

この水位、まだまだ入ります

同じ90%の水位まで入れるとペットボトルが11.5本分で

P4081649.jpg

約23L入りました

以前からフィクセル・ライト 220 は持っていましたが18Lしか

入らないのに重いので計量タイプの26Lアジクーラーを使っていましたが

今回容量が多くて軽いクーラーが出たので衝動買い?しました

これなら今使用している26Lクーラーと重さも容量もほぼ変わらないです

釣行時は地磯を歩いて行くことが多いので少しでも容量が多く軽い

クーラーは必需品です

実際に持ち比べると0.4㎏の差以上軽く感じます

作りはさすがフィクセル・ライトと外寸は同じで軽く容量も多く

入るので比べると厚みが2/3程度と薄いです

でも氷を入れ保冷するのではないので全く問題なし

水抜き栓はワンタッチ式に比べネジ式になっているのとフタが両開きじゃなく

片開きになっている

まぁ価格が店頭で¥9000円台と言うことで仕方ないところです

で。。。早速改造

P4121664.jpg

出来上がり

P4121665.jpg

これに今実験中の汚れ分解板を付ければ完璧(笑)

今実験中の汚れ分解板は汚れを分解するだけじゃなくアジが弱る原因

であるアンモニアも分解するのです

多少、海水が汚れてきてもアンモニアを分解してやればアジも快適・元気

いやいや、まだ実験中です(爆)








BB-X 改造 - 2012.02.27 Mon

新型 デスピナ・エクスセンス LB の音だし改造は?


先々週、先週と釣りに行ってないので釣行記がありませんので

今回は新型 BB-X 11 デスピナ・エクスセンス LB の音だし改造のお話です



最近新型 BB-X 11 デスピナ・エクスセンス LB の音だし改造問い合わせが

多いので少し書きます

新型 BB-X 11 デスピナ

product1_s.jpg

エクスセンス LB

product3_s.jpg

基本構造が同じの上記2機種の音だしはすでに5人の知合いが改造しているが、

正直言って難しいらしいです。

まず分解するのにかなり苦労するようだ。

*新型はブレーキコア外す為にベアリング止メ輪言う部品を外さなければ

 ならないが、この部品はシマノの専用工具でないと外すことが出来きない。


*無理やり外したり、代用の工具で外すとベアリング止メ輪の切り込み口の

 溝が浅いため変形したりネジ溝が潰れたりする。

 1回目は無事外せても数回締めたり外したりを繰り返すと切り込み口が段々

 甘くなり変形していく。


*ベアリング止メ部品の切り込み口が変形したり潰れてもその部品だけ購入

 して新品に変えればいいのだが、これがこの部品だけの販売はしていない。
 
 ネジ溝を変形・潰してしまうと新品のベアリング止メ輪の交換はメーカーに

 出さないと修理できないが改造したリールをメーカーに出しても修理してくれるか?

 も不安の残るところだ


*代品工具で外すことが出来、組み上げてベアリング止メ輪を締めても特殊な緩み止め

 加工して締め付けているので一度外してしまうとキッチリ締めても使っている内に

 徐々に緩んでくる。


以上のように分解はかなり難しいってことです。

また、音出しに必要なバネや爪はすでに生産中止、バネや爪を設置する場所も

ないので設置場所からすべて自作しなければなりません

旧タイプのように部品の追加・代替えでの改造は出来ないのです

なので今回の新型の音だし改造はかなり難しくリスクが高い改造だと思います。

しかし何故、新型は分解、改造出来ないように設計したのか?

簡単に音だし改造できるゼロフケテンション機能はラリッサなんかは最初から

外しているし

最近、ネットオクションでLBリールの音だし改造を請け負っている者が

が頻繁にいるからなのか?

メーカーが自信を持って作った製品を改造を請け負って儲けている者が許せないのか?

改造請負って金儲けをする人もどうかと思うが、お金を払って改造を依頼するのもどうかと思う

金を払ってでも改造したいと言う人がいる限り改造請負人はなくならないだろうな

自己責任で個人的に改造して楽しむのはいいがそれを商売にすると問題になるのかも

しれないな

新型デスピナ・エクスセンス LB は自分で分解出来ないのでメンテナンスもメーカー

に出さないといけないみたいだ。

あぁ、改造してたらメーカーにメンテナンスも出せないかも???




BB-X ヤエン用リール改造 - 2012.02.10 Fri

BB-X ヤエン用リール改造


IMGP0425.jpg

LBリールはアオリイカのやり取りに優れていてリヤドラグタイプより

操作しやすく又、糸ヨレが少ないため、ライントラブルの少ないリールで

7年前の05 BB-Xラリッサの発売当初より音だし・テンション加工して

アオリイカのヤエン用として使用してきました。

このブログを見て多くの人がLBリールの良さに魅力を持って頂だき

自分もLBリールでアオリイカとのやり取りがしたいと言う人には

LBリールの音だし改造の方法をメールで教えてきました。

全くの見知らぬ人に教える分けですから悪用されることもあるので

改造するのは自分自身がLBリールでヤエン釣りを楽しみたい、絶対営利目的に

改造しないと約束して頂いた上で教えてきました。

しかし最近ネットオクションでBB-X ラリッサ・デスピナをヤエン用に

音だし改造をして出品しているのを見てとても残念に思っています。

改造を教えているのは個人でLBリールを楽しむ為であって営利目的で

ありません。

なので残念ながらBB-Xの音だし改造は今後一切受付できません

とても残念です。

尚、新タイプのBB-X ラリッサ・デスピナは音だし改造できません

分解するのも専用工具がなければ分解できません









NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

とみー

Author:とみー
とみーのあおりいかヤエン 一本道
ブログにようこそ!

2003年1月の開設より

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

あおおりいか釣果

・2013年1月より 56杯           ・2012年累計 200杯            ・2011年累計 205杯            ・2010年累計 300杯            ・2009年累計 258杯            ・2008年累計 255杯            ・2007年累計 231杯            ・2006年累計 210杯            ・2005年累計 112杯            ・2004年累計 111杯           ・2003年累計 112杯

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
あおりいかヤエン釣り (239)
ヤエン用タックル (18)
お魚釣行 (80)
その他 (10)
太刀魚 (32)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。