2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジャーフィッシング ヤエン取材釣行 25.3.17 - 2013.03.19 Tue

レジャーフィッシング ヤエン取材釣行

3月初旬 釣り雑誌のレジャーフィッシングさんから1通のメールが

届きました。

内容は「春アオリの実釣取材を今月にお願いできないでしょうか?」と言う内容でした。

例年だと即OK返事を出すところなんですが、今年のアオリは何処も不調

しかも取材釣行となると、夜釣りじゃなく、昼間の釣りになります。

これは雑誌に載せるのでバックのロケーションの演出も必要な為です。

夜釣りならアオリの活性も高く、アジに抱きついて来るし、アジを抱いても簡単に

離さなので釣上げるのも楽だが、昼間となると、条件が一気に厳しくなる。

昼間はアオリが海底深場に隠れて中々エサを求めて回遊してこないのでアタリの数は

極端に少なくなり、日によっては1~3回/日、最悪アタリなし等厳しくなる。

そんな条件の中、いい加減な気持ちでOKを出すわけにはいかない。

日時、水温、釣れているポイント、磯など検討して計画を進めていきます。

地域、磯場所など最終判断を出すのは我々であるので念入りな計画をしなければいけません。

我々の釣りは、趣味の一環なので当日、釣れなくても今日は活性が低かった。。。

など、言えるが、雑誌者は違う。

この日の為、ページを空けているのである。

もし、釣れなかったら編集締の切りがあるのでアオリイカの記載ページは空白になって

しまうのだ

と。。。言って代わりの記事を用意しているわけでもないので、取材釣行となると

日程、場所、磯等選ぶのにほんとプレシャーがかかります。

ある意味、ヤエンにイカを掛けるより数段にプレシャーが掛かってきます。

そんなプレシャーーの中、17日(日)場所、磯を絞り込み、レジャーフィッシング担当記者

さん・HASさん・いのさんとヤエン実釣取材に行ってきました。

P3173158.jpg

当日、午前中は、パットせず思切って磯替えをし、

P3173163.jpg

14時頃に待望のアタリが来ました!!

このアタリをバラスと記事になりません。しかし思いとは逆にアオリはどんどん

沖へ走ります。

気が付けば、なんと底糸まで出され遥か沖70Mでストップ!!

ラインを70Mも出されると夜釣りでも取込むのが厳しいのに昼間でこの距離を取込めるのか?

心配です。

強引に引き寄せることが出来ない昼間のヤエン釣り。あまりゆっくり引寄せていると

アジが完食されタイムアウト!!

焦る気持ちを落ち着かせてアオリを大人しくさせるように教調させていく。

さぁ、このあとアオリは姿を現したのでしょうか?

詳しくは4月5日発売のレジャーフィッシング5月号を見てください。


今回の釣行にも泡沫分離装置を付けて行き、今回で4回目の釣行ですが、アジクーラーの中の

海水は汚れが少なく、綺麗な状態を保っていました。

また、心配していた汚れ泡の排水も詰まることなく、受け皿に汚れ水が溜まると2基の泡沫分離装置から

順番に排出されていました。

水替えをしたのは朝の磯上がりした時と、昼に磯替えした時の2回だけです。

P3173164.jpg

この写真は昼の磯替えをした時に変えてから帰りの迎えの船が来る前に撮ったものです

ほんと汚れにくい素晴らしい装置です。

このアジクーラーに付けている泡沫分離装置も非常に興味を持って頂き、一部記事で

紹介されると思います。










 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お疲れ様でした。

とみーさん、HASさんお疲れ様でした。
次からはHAS専用泡沫分離装置を試しますか?。
その前にポンプが動くか確認しましょうね。

いのさん お疲れさんでした。
初の同行取材釣行どうでしたか?
今回の取材はアタリが少なくほんと苦労しましたね。
1回あるかないかのアタリが来たとき、絶対にバラせない。バラスと次のアタリがないかも?と
思うと、やり取りが緊張するでしょう?
しかも隣でカメラがシャッターチャンスを待っているから余計に緊張感も倍増するでしょう(笑)
たまには、爆釣~~~~って、楽な取材もしたいですね~~~

レジャーフィッシング5月号!!!

おはようございま~す。(^^)

今年は、何所も釣果が少なく厳しそうですね・・・(>_<)

でも、とみーさん、いのさん、HASさんのことですから

きっと、この後、爆釣されたのでしょうね!!!

泡沫分離装置も紹介されるとの事で、いっきに、この装置が

メジャーになりそうですね。!(^^)!

レジャーフィッシング5月号楽しみにしております。(^^♪

Sさん おはようございます。
いやぁ~~~厳し取材でした。
アオリの回遊があってアタリがあれば、なんとかするのですが、回遊がなければどないしょうもないです。
でも、なんとか記事になるようです。
泡沫分離装置は非常に興味を持ってもらって、その仕組みと効果には、記者さんもビックリしていました。
おそらくアオリの記事と一緒に紹介されると思います。
紹介されれば、この装置も一気にヤエン師の必需品のアイテムになるかも?ですね(笑)

ご無沙汰してます。
レジャーフィッシング必ず拝見します~♪
今年もヤエンに挑戦しますよ~。

princess さん 久しぶりです。
今年はアオリが何処も厳しい状態でしたが、ようやく水温も安定して接岸して
きたようです。
これから産卵前の小魚補給や産卵の為の浅場の藻地帯に接岸してきますので
大型アオリが楽しめる時期になってきました。
是非、大型のアオリをヤエンで仕留めてくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

泡沫分離装置3号機 ヤエン釣行  25.3.24 «  | BLOG TOP |  » 小型泡沫分離装置テストとヤエン釣行 25.3.9

プロフィール

とみー

Author:とみー
とみーのあおりいかヤエン 一本道
ブログにようこそ!

2003年1月の開設より

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

あおおりいか釣果

・2013年1月より 56杯           ・2012年累計 200杯            ・2011年累計 205杯            ・2010年累計 300杯            ・2009年累計 258杯            ・2008年累計 255杯            ・2007年累計 231杯            ・2006年累計 210杯            ・2005年累計 112杯            ・2004年累計 111杯           ・2003年累計 112杯

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
あおりいかヤエン釣り (239)
ヤエン用タックル (18)
お魚釣行 (80)
その他 (10)
太刀魚 (32)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。